食べる 買う

山形弁ラッパーが新曲ラーメンソング ラーメン店とコラボで麺王国PR

「KA・SHE・ROW」オリジナル丼でラーメンをすするMC GATAさん

「KA・SHE・ROW」オリジナル丼でラーメンをすするMC GATAさん

  • 33

  •  

山形なまりのご当地ラッパー「MC GATAどBANKING」が5月1日、新曲「KA・SHE・ROW~麺王国やまがた」をリリースした。

映画のポスターのようなCDジャケット

 ラーメンの年間消費量が日本一である山形を全国にPRしようと、ローカルタレントのミッチーチェンさん扮(ふん)するMC GATA(エムシーガタ)が義弟のBANKING(バンキング)さんと共に、山形ラーメンの特徴や文化を山形弁で歌い上げる。今楽曲はDJ GOZILLA(ディージェーゴジラ)さんとダンサーのSHIMA2(シマニー)さんも加わり、ポップでコシの強いラーメン愛あふれる一曲に仕上げたという。

[広告]

 歌詞には村山、置賜、最上、庄内の県内4ブロックを象徴するラーメンが登場するほか、南陽市役所に存在する「ラーメン課」や、ラーメンの出前を取って客をもてなす最上の文化などにも触れている。MC GATAさんは「県内全域を網羅した楽曲にしたかった。魅力あるラーメン店がたくさんある中で、的を絞るのは大変だった」と振り返る。

 新曲リリースに合わせ、県内のラーメン店8店舗ではMC GATAさんをイメージしたコラボメニューを期間限定で販売。CDに入っている応募用紙に各店のシールを集めると抽選で非売品グッズや「MC GATAどBANKINGどラーメン食べる券」が当たるキャンペーンを展開している。期間は5月30日まで。

 MC GATAさんは「CDを作るだけでなく、県内のラーメン店やいろいろな人を巻き込んで、県外でまだまだ知られていない山形のラーメンの魅力を発信したい」と意気込む。

 CDはこまつ書店、八文字屋、通販サイトAmazonで販売するほか、iTunesなど配信サイトで配信している。