見る・遊ぶ

山形に500種類以上そろえるボードゲームカフェ 利用客同士で交流する仕組みも

ボードゲームカフェ「アソッベ」の店内

ボードゲームカフェ「アソッベ」の店内

  •  
  •  

世界各国のボードゲームを遊べるボードゲームカフェ「アソッベ」(山形市あこや町1、TEL 023-616-6363)がオープンして1カ月がたった。

店内に並ぶボードゲーム

 同店では、ボードゲームを「テーブルで遊べるゲームの総称」と定義し、将棋やチェスのような1対1で対戦するものから、すごろくのように複数人で遊べるもの、カードゲームなど500種類以上のゲームをそろえる。ソフトドリンクや軽食、18時以降はアルコールを提供する。席数は30席。

[広告]

 店名は山形弁で「遊ぼう」の意味。代表の丹羽俊介さんは「山形には遊ぶ場所が少ないと感じていた。少しでも遊ぶ場所を増やし、地元を楽しくしていきたい」と話す。相席を推奨し1人での利用も可能。希望すれば初対面の利用客同士で遊ぶことができるほか、店内の掲示板を通して対戦相手の募集をすることもできる。

 店内ではボードゲームや木製玩具の販売もする。丹羽さんは「ボードゲームは老若男女がテーブルを囲み、気軽に遊べるのが魅力。まだまだ認知度が低いので、当店を通して皆さんに知ってもらいたい。人が集まる場所になれば」と話す。

 利用料金は、最初の30分=300円、以降15分ごと=100円、4時間パック=1,500円、フリー=2,000円。キッズ料金やナイトプラン、学割などの割引もある。営業時間は平日=15時~22時(金曜・祝前日は23時まで)、土曜・日曜・祝日=13時~23時。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加