食べる

山形市本町に溶岩石で焼く焼き芋専門店 珍しいサツマイモも

「まるわ商店」の高桑さん

「まるわ商店」の高桑さん

  •  

石焼き芋専門店「まるわ商店」(TEL 080-3321-8916)が11月21日、山形市本町にオープンした。

店頭に並ぶ焼き芋

 青果店に務めていた店主の高桑優さんが、全国から取り寄せたサツマイモを溶岩石で焼き販売する。高桑さんは「いずれは自分の店を持ちたいと思い、昨年から出店を計画していた。焼き芋に目をつけたのは、焼くだけで甘みが増す面白さ。八百屋の先輩方に教えてもらったり、自分で窯を作ったりして、焼き方の研究も重ねた。サツマイモの魅力を引き出したい」と意気込む。

[広告]

 店頭には、鹿児島県産の安納芋や、茨城県産の紅はるかなど、5~10種類の焼き芋が並ぶ。高桑さんは「中には、芋ジェンヌや黄金千貫といった、珍しいサツマイモも仕入れている。ねっとりした蜜があるものは、3時間かけて焼くこともある」と話す。価格はサツマイモの品種によるが、計量販売で100グラム=50円~。

 店内では生のサツマイモも販売しており、今後は干しいもなどの加工品の販売も考えているという。高桑さんは「焼いた後、冷やしてもおいしい品種もある。寒い季節だけでなく、一年を通して焼き芋を楽しめるお店にできれば」と話す。

 営業時間は10時~19時(無くなり次第終了)。