プレスリリース

おいしいパンをやさしく守り、食品ロスを防ぐ『吉田パン蔵』限定100個 11月20日より「ロコの星みーっけ!マルシェ」にて販売開始

リリース発行企業:有限会社よしだ

情報提供:

有限会社よしだ(山形市五日町/代表取締役 吉田長芳)が製造する、おいしいパンをやさしく守る、パン好きのための桐製ブレッドケース「吉田パン蔵」。桐の特性である「保湿性・抗菌効果・クッション性」を最大限に活かし、乾燥やカビなどから守ることでパンのおいしさが長持ちする画期的な製品を、2020年11月20日(金)よりオンラインショップ「ロコの星みーっけ!マルシェ」にて販売開始いたします。 https://loconohoshi-m.com/?pid=155411037






「吉田パン蔵」の販売に至った背景 



当社は、山形市伝統的工芸品である山形桐箱の製造を行う企業で、さくらんぼや、高級な日本酒等を入れる桐箱を職人の手で1つずつ手作りしています。桐は調湿性があり、軽く耐久性にも優れ、光沢が醸し出す優美さに加え、防虫・防カビ効果もあるため、古くから大切なものを保管する箱や箪笥、日用品など日本人の生活シーンに馴染みある木材です。しかし、国内の桐生産量は昭和34年をピークに下がり続け、現在はピーク時の2%程度になっています※。
一方で、近年は建材等への応用もあり、素材そのものへの国内需要は増加傾向にあり、使われる桐は中国や北米等からの輸入素材が主流になっています。地場産業の衰退等から長期トレンドでは箪笥や桐箱への需要減少が続いています。
日本特用林産振興会Webサイトhttps://nittokusin.jp/bunkazai_iji/kiri/




そこで当社は、4年前から生活者向けに、桐が持つ音響性を活かしたスマートフォン用スピーカー「KIRINONE(キリノネ)」や、地方に隠された宝物を選ぶグランプリ「にっぽんの宝物グランプリ JAPANグランプリ」(https://www.undiscovered.jp/)の2019年工芸雑貨部門でグランプリを獲得した、初版本や貴重本など「あなただけの重要文化財を守る『本の正倉院』」、など、桐箱製造で培った技術と桐が持つ素材優位性を活かし、1個から作成できる強みを活かした製品開発を行っています。


そのような取り組みの中で生まれた、おいしいパンをより美味しくするパン好きのための桐製ブレッドケース「吉田パン蔵」は、今年3月、旅の見聞録というテレビ番組で篠山輝信さんに紹介頂き、山形・宮城・千葉・埼玉・神奈川県でも放送され反響を頂きました。
たくさんのお客様からのご好評を受け、現在は首都圏を中心に多店舗展開している大手パン屋様へのオリジナルブレッドケースの受注販売や、仙台市の東北スタンダードマーケット様のオンラインストア・山形県内のパン屋さん向けに弊社直営オンラインショップで販売しております。
新型コロナウイルスの影響で販売や営業の機会が減少したこともあり、もっとたくさんの方に桐箱の素晴らしさや私たちの作る製品を知って頂きたいという想いから、このたび地方応援プロジェクト「ロコの星」オンラインショップでの販売を行うこととなりました。

代表吉田の製品づくりにかけるストーリーはこちらになります。
https://prtimes.jp/story/detail/wrVwRLha1jb


吉田パン蔵の特徴

「吉田パン蔵」には、桐箱製造で培った技術と桐が持つ素材優位性が詰め込まれています。主な特徴は、



1.保湿性に優れている桐の温度や湿度に応じて水分を吸ったり出したりするという特性によって一定の湿度に保たれることで美味しさが長持ちします。
2.抗菌作用(防虫・防腐・防カビ)がある虫を寄せ付けない成分〔パウロニン・セサミン〕に加え、防腐効果に優れたタンニンを多量に含んでいます。
3.クッション性がある軽くて柔らかくクッション性に優れた素材が、パンをやさしく守ります。


「吉田パン蔵」の概要



1斤用と2斤用の2種展開。

今回「ロコの星みーっけ!マルシェ」では2斤用のみの販売となります。
2斤用  送料込:5,700円(税込)
<内寸法:270×135×175mm>

数量限定(100個)
シリアルナンバー入りで制作いたします。
販売先:オンラインショップ「ロコの星みーっけ!マルシェ」
https://loconohoshi-m.com/?pid=155411037



製品にかける想い



桐の特徴を活かしたブレッドケースが食品を長持ちさせ、世界的な食品ロス問題の役に立ち、桐箱の魅力を再認識していただけるものと思います。
また、お客様に使っていただくことにより、更なるリピーター増につながる製品であると自負しております。


地方で活躍する事業者支援の取り組み「ロコの星プロジェクト」とは



ロコの星プロジェクトは、ローカル(地域)で輝く星となるヒト・モノ・コトを、地方のテレビ局が地方同士(ローカルトゥローカル)で連携して応援する取り組みです。全国商工会連合会の『共同・協業販路開拓支援事業』を活用し4700万円の支援金を利用して、青森、山形、岩手、千葉、高知、山口、長崎、熊本、宮崎、沖縄の10地域から100の事業者が参加し、全体をひとつのチームとしたオープンイノベーション型コミュニティを構築し、各事業者の商品構成、販売、広報をテレビ局がサポートします。
ローカルテレビ局と連携しオンラインショップ「ロコの星みーっけ!マルシェ」サイトを開設し、全国の生活者に商品を直接購入いただけるようにサポートをしています。
https://loconohoshi-m.com/



有限会社よしだについて



昭和5年に初代吉田長助がお膳や重箱の木地師職人だった技術を生かし桐箱の製造を始めました。その後、二代目吉田長四郎が越中富山の置き薬桐の引き出し箱の全国への出荷や、地場産業である米沢織物や山形鋳物等を入れる桐箱やさくらんぼの桐箱をいち早く考案し事業を拡大し、平成3年より三代目の吉田長芳が従事し、桐箱1つから大量ロットまで、オーダーメイドでお作りしております。
有限会社よしだは、桐の特徴を活かした生活雑貨など、長く使い続けていただけるものの企画開発に努め、代々受け継いできた技術・伝統文化を守りながら、桐箱の魅力を日本全国にとどまらず『KIRIBAKOを世界に』を合言葉に世界への販路開拓を目指してまいります。


本件に関するお問い合わせ先

有限会社よしだ 代表取締役 吉田長芳
TEL/023-645-3025 FAX/023-645-8544  URL  http://hakoyoshi.jp/
是非、貴媒体でお取り扱い頂けますよう、お願い致します。
工房での取材対応も可能です。また商品現物についても郵送可能ですのでお気軽にお問合せ下さい。

  • はてなブックマークに追加