学ぶ・知る

山形県産業科学館で実験キット配布 恒例の科学イベント中止受け

実験キットをアピールする山形県産業科学館の金澤裕子さん

実験キットをアピールする山形県産業科学館の金澤裕子さん

  • 34

  •  

 山形県産業科学館(山形市城南町1)で4月27日、県内の小学生を対象に自宅でできる実験キットの配布を開始した。

配布している実験キット

 配布されているのは、3月22日からユーチューブでの動画配信が行われているオンラインイベント「やまがた科学教室 in おうち」で使用する実験キット。同イベントは、毎年夏に開催しているイベント「青少年のための科学の祭典 in 山形」が、昨年度は新型コロナウイルスの影響で中止となったことを受け企画された。

[広告]

 同イベントを担当する山形県産業労働部工業戦略技術振興課の千野武雄さんは「コロナ禍でも子どもたちが科学に親しんでもらえる取り組みができないかと考え企画した。当初、実験キットは事前申込制で郵送のみの受け渡しで対応していたが、よりたくさんの子どもたちに手に取ってもらいたいと考え、同館で配布することになった」と経緯を説明する。

 配布されている実験キットには、穴や切り込みなどの加工が施されているストローや厚紙、ピックなどがセットになっており、セロハンテープを準備すれば動画で公開されている静電気に関する実験ができる。講師は大阪市立科学館などで科学デモンストレーターとして実験ショーを行っている吉岡亜紀子さんが務めた。

 千野さんは「遠出が難しい状況が続く中、子どもたちに自宅で楽しく過ごしていただき、少しでも科学に慣れ親しんでいただけるきっかけになれば。今後も、科学や工作の楽しさを感じていただけるような取り組みを進めていきたい」と話す。

 実験キットは45セット限定。山形県内在住の方に限る。配布は5月9日までを予定している。問い合わせは、やまがた科学・産業体験実行委員会(TEL 023-630-2192)まで。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース