買う 学ぶ・知る

山形・学生服専門リユース店が販売をスタート 商品はSNSで発信

「スクール制服リユース@ブランカ」を手掛ける北日本白衣山形の佐藤社長夫妻

「スクール制服リユース@ブランカ」を手掛ける北日本白衣山形の佐藤社長夫妻

  •  
  •  

中古制服などの買い取り・販売を行う「スクール制服リユース@ブランカ」(山形市十日町3)は2月3日、リユースした制服の販売を始めた。

自社の縫製部門で行う刺しゅう作業の様子

 県内の企業や病院への制服販売やクリーニングの取次業を展開する北日本白衣山形が手掛け、2019年10月20日にオープンした同店。山形市内の幼稚園や小学校、中学校、高校の中古制服や体操着、かばんなどのグッズの買い取りを行ってきた。

[広告]

 北日本白衣山形の佐藤博之社長は「山形県・市PTA連合会会長を務める中で保護者の方々に制服リユースのニーズがあることを知った。同時に個人情報の保護や、譲渡先に対する不安などの心配事も聞き、それらの課題を解決できないかと制服のリユース事業を立ち上げた」と話す。

 買い取りの対象となるのは制服や体操着のほか、スクールバッグや体育の授業で使った柔道着なども含まれる。買い取った制服は、同社の縫製部門でネームタグの取り外しや氏名刺しゅうを見えないように加工するなどし、個人情報にも配慮する。現在までに、中学・高校の制服を中心に約200点を買い取った。

 販売する商品はホームページやインスタグラムで発信する。購入したい商品があれば、店舗に問い合わせ購入。対面での販売のみ対応する。

 佐藤社長は「販売時には裾上げのお直しや新しい刺しゅう入れにも対応する。サイズの問題もあるので、できるだけ実際に着用するお子さんと一緒に来ていただきたい。現在は市内の学校のみを対象としているが、今後はエリアを拡大して対応できれば。リユースを通して、ものを大切にする心も伝えていきたい」と話す。

 問い合わせは北日本白衣山形(TEL 023-631-4347、平日9時~17時)まで。

  • はてなブックマークに追加