見る・遊ぶ 買う

山形・みはらしの丘でクラフトイベント 月1開催で7年目に突入

代表の鈴木公人さん(中央)ら運営メンバー

代表の鈴木公人さん(中央)ら運営メンバー

  •  
  •  

「みはらしクラフトミュージアム」が7月20日、蔵王みはらしの丘 はらっぱ館(山形市みはらしの丘2)で開かれた。

会場の様子

 毎月第3土曜に行われているイベントで、地元のクラフト作家らが集まり作品を展示販売する。2013(平成25)年4月にスタートし、今年で7年目。当初は地区内の空き地を利用して開いていたが、2014(平成26)年に現在の場所へ会場を移した。

[広告]

 2015(平成27)年から代表を務める鈴木公人さんは「思いが詰まった手作り作品を販売する場所として始まった。小物雑貨や衣類、アクセサリーなどジャンルはさまざまで、毎回30~40店舗程度の出店がある」と話す。

 この日は、革細工やバルーンアート、ハーバリウムなど44店舗が出店。中には、ろくろ体験やアート作品づくりを楽しめるブースもあり、あいにくの雨ながら、約500人(主催者発表)が来場しにぎわいを見せた。

 鈴木さんは「出店者同士、協力し合いながらイベントを運営している。今後も来場されるお客さん、出店者、みんなで楽しく続けていきたい」と話す。

 次回開催は8月17日。開催時間は11時~16時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加