天気予報

20

2

みん経トピックス

山形にすしと創作和食の店山形日本料理店でひな祭り

山形で30歳のための「三十路式」 有志が企画し初開催へ

山形で30歳のための「三十路式」 有志が企画し初開催へ

「山形三十路式」を主催する実行委員メンバー

写真を拡大 地図を拡大

 山形国際ホテル(山形市香澄町3)で2月11日、山形県規模では初めての試みとなる「山形三十路(みそじ)式」が開催される。

 2016年度に30歳を迎え、山形県に縁のある人を対象に「山形でつながる、山形をつなげる」をテーマに行う同イベント。すでに北海道や大阪で開催されている「三十路式」を山形でも開催したいと、業種の違う30歳のメンバーが有志で集まり企画した。実行委員長の佐藤洋一郎さんは「実行委員の半数以上は、もとは知らない人同士。フェイスブックなどで企画を公開したところ、賛同者が集まり昨年夏ごろから本格的に動き出した」と振り返る。

 当日、前半は厳かな雰囲気の中、来賓の祝辞や祈とうで三十路を祝う「式典」を執り行う。後半は立食形式でライブパフォーマンスやイベントを楽しむ「交流パーティー」を行う。

 「成人式はお祭り気分の同窓会という感覚だった人もが多いと思うが、それから10年たった三十路式では、仕事や家庭環境の異なるさまざまなライフスタイルの人が集いつながる場にしたい」と佐藤さん。「これからも山形で人生を歩んでいく同い年同士、かけがえのない出会いがあるかも。ぜひ来てけろ(来てください)」と参加を呼び掛ける。

 開催時間は13時~16時(受け付けは12時~)。参加費は、前売り=5,500円、当日=6,000円。前売り券はウェブサイト「Live Pocket ticket」で販売する。

グローバルフォトニュース