見る・遊ぶ 暮らす・働く

ホテルメトロポリタン山形に コンセプトフロア 「山形らしさ」をテーマに

プレミアルーム

プレミアルーム

  •  

 山形駅に隣接するホテルメトロポリタン山形(山形市香住町1)に6月25日、「山形らしさ」をテーマにしたコンセプトフロアが誕生した。

ホテルメトロポリタン山形外観

 インバウンド需要の高まりを受け、宿泊マーケットの拡大を図るため、6階・7階のシングルルーム(20平方メートル)・ツインルーム(36平方メートル)・プレミアルーム(同)など37室の客室をリノベーション。7月13日には、以前和室だった部屋を改装し、高齢者や外国の方でも利用しやすいようにベッドやソファを導入。和洋室(21畳)として営業を始めた。

[広告]

リニューアルに合わせ6階・7階の全室を禁煙ルーム化。加湿機能付き空気清浄機を完備し、冷暖房個別空調を導入。ベッドはシモンズ製にこだわり、快適な空間の提供を目指した。

 米沢織のアートボードや天童木工の家具、オリエンタルカーペットの敷物など、山形で生み出された調度品を揃え、カーテンには稲穂をイメージしたゴールドを採用。果樹王国山形を表現した柄や、最上川をイメージした柄のカーペットを導入するなど、部屋の随所に「山形らしさ」を散りばめた。

 宿泊部宿泊グループフロント支配人の中澤さんは「今回リニューアルした部屋を通して、日本人にはもちろん、外国人にも山形の良さを知ってもらいたい。今後も山形の玄関口として当ホテルをご利用頂き、温泉だけではない山形の魅力を感じて欲しい」と話す。

宿泊料金は、シングル=12,000円(1泊1名利用)、ツイン=21,000円(1泊2名利用)、プレミア=60,000円(1泊2名利用)、和洋室=60,000円(1泊2名利用)。