食べる 買う

山形・長井の酒造会社が日本酒入り生チョコタルト 地元企業とともに開発

長沼酒造の長沼真知子さん

長沼酒造の長沼真知子さん

  • 138

  •  

 長沼酒造(長井市十日町1、TEL 0238-88-2007)の純米吟醸酒「惣邑(そうむら)」を使った生チョコタルトが2月5日、発売した。

純米吟醸酒「惣邑(そうむら)」を使った生チョコタルト

 1916(大正5)年創業の同社。2010(平成22)年から代表銘柄「惣邑」のシリーズ化を進めたり、アニメ「化物語シリーズ」などを手掛けたアニメーターの渡辺明夫さんにラベルデザインを依頼したりするなど、新たな取り組みを積極的に進めている。

[広告]

 広報担当者の長沼真知子さんは「新型コロナウイルスの影響で、外食向け需要が落ち込んでおり、日本酒の仕込み量は例年の半分という状況。日本酒の消費拡大や栄養価が高い酒かすの魅力を広めたいと考え、スイーツの開発を考えた」と話す。地域食材を使った商品開発や製造販売を手掛ける「アイデアのおもちゃ箱」の樋口菜穂子さんと、後藤屋肉店(長井市大町8)の後藤ひとみさんと共に商品開発を行い、長沼酒造の日本酒を使ったスイーツの第1弾として、「酒粕」、「レーズン」、「ラズベリー」の3種類の生チョコレートタルトが完成した。

 長沼さんは「『惣邑』はチョコレートに混ぜ込んでいるほか、レーズンを漬け込むなどして使っている。食事とともに楽しんでいただける日本酒づくりを心掛けているので、スイーツにも相性がよかったと思う」と話す。「日本酒が入っているので車の運転をする方や妊婦、子どもは食べられないが、ぜひたくさんの人に食べていただき、『惣邑』を知っていただくきっかけにもなれば。ホワイトデーに向けた商品も考えている」とも。

 3個入り(各1個)=1,080円、5個入り(酒粕2個、レーズン2個、ラズベリー1個)=1,750円。長沼酒造のほか、後藤屋肉店、道の駅「川のみなと長井」、市民直売所「おらんだ市場 菜なポート」で販売する。3,000円以上の購入客を対象に「アイデアのおもちゃ箱」で配達も行う。

  • はてなブックマークに追加