見る・遊ぶ

蔵王温泉「じゅっきーくん」主演映画 新撮加え、5年ぶり再上映

プロデューサーの齋藤龍太さんと「じゅっきーくん」

プロデューサーの齋藤龍太さんと「じゅっきーくん」

  • 178

  •  

 蔵王温泉のゆるキャラ「じゅっきーくん」の主演映画「樹氷侍2」が10月9日から公開される。

「樹氷侍2」の撮影の様子

 「じゅっきーくん」は、1992(平成4)年に行われた第47回国民体育大会「べにばな国体」のマスコットキャラクター「たいきくん」の息子として、蔵王温泉の活性化を目的に2012(平成24)年に誕生したご当地キャラクター。「たいきくん」と同様に蔵王の樹氷をモチーフにしており、誕生以来、県内外のイベントへの参加や写真展の開催、今年3月には絵本を発行するなど、幅広く活動している。

[広告]

 上映される「樹氷侍」は、2014(平成26)年4月に第1弾が、2015(平成27)年に第2弾が公開された作品。今回は、日本の森を破壊する蛾の妖怪を「じゅっきーくん」らが退治する第2弾が再上映される。

 「たいきくん」や母の「むひょこちゃん」をはじめ、寒河江市の「チェリン」や朝日町の「桃色ウサヒ」ら県内のゆるキャラらも出演するほか、再上映に当たり、「じゅっきーくん」の叔父に当たる「こいきさん」と新たな悪役が登場するシーンなどを追加撮影したという。

 プロデューサーで同作の製作総指揮を務める齋藤龍太さんは「コロナ禍で、イベントの中止や映画の配給が止まっている状況を受け行うことにした。プロの方に指導していただいた本格的な殺陣も見どころ。たくさんの方に楽しんでいただきたい」と話す。

 「じゅっきーくん」は「みなさんと会う機会は少なくなっているけど、今できる僕たちのエンタメを楽しんで欲しいじゅ」(原文ママ)とコメントを寄せる。

 公開はソラリス(山形市城南町1)で、上映は19時~。上映時間は75分。通常料金は、大人=1,700円、高校生以下=1,000円。今月15日まで。連日、出演者らによる舞台あいさつも行われる予定。

  • はてなブックマークに追加