3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

蔵王テーマにインスタグラムフォトコンテスト 夏山の魅力を発信

夏の蔵王火口湖「御釜」の風景

夏の蔵王火口湖「御釜」の風景

  • 1

  •  

 インスタグラムフォトコンテスト「蔵王連峰夏山自慢」が7月21日、始まった。

「蔵王(ZAO)広域振興協議会」のインスタグラム

 夏の蔵王連峰の写真を規定の様式に沿ってインスタグラムに投稿し応募するフォトコンテスト。山形市、上山市、宮城県白石市、蔵王町、川崎町、七ヶ宿町で構成される「蔵王(ZAO)広域振興協議会」が主催する。

[広告]

 同協議会の担当者は「3密に注意して夏の蔵王連峰に訪れ楽しんでもらい、思わず行きたくなるような素敵な写真を撮影していただきたい」と話す。

 応募方法は、インスタグラムで同協議会の公式アカウント(@zao.promotion.council)をフォローした上で、撮影自治体名とスポット名を記載し、ハッシュタグ「#onezao2020フォトコン夏」を付けて投稿する。応募者本人が撮影した写真に限り、撮影年は問わないが、現状と著しく異なる写真は対象外になる。

 応募写真は公式アカウントで再投稿される。エントリー作品の中から、投票期間中に最も多く「いいね!」を獲得した作品をグランプリに、次点作品を準グランプリに決定するほか、協議会を構成する6市町が特別賞を選ぶ。

 担当者は「今は蔵王に来られないという方も、フォトコンテストの写真を見て楽しんでいただき、いずれ来ていただければ。蔵王の魅力を、よりたくさんの方に知っていただきたい」と話す。

 募集期間は9月30日まで。問い合わせは蔵王(ZAO)広域振興協議会事務局(山形市商工観光部観光戦略課内、TEL 023-641-1212)まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home