3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

山形の企業が防災ボックス販売 水不要グッズなど「ママ視点」で企画

「西谷」の西谷友里さん

「西谷」の西谷友里さん

  •  
  •  

生活雑貨や消火・防災関連用品などを取り扱う「西谷」(山形市本町2、TEL 023-622-5677)は3月11日、3種類の防災ボックスの販売を始めた。

 今回、販売を始めたのは「断水時に便利なアイテムが入っている。でも、ちょっと足りない 防災ボックス」。同社の9代目で、2017(平成29)年に防災士の資格を取得した西谷友里さんが中心に企画した。

[広告]

 3児の母でもある西谷さんは「『ママ防災士』として防災の講習会に行くと、防災用品や非常食のそろえ方について、質問をいただくことが多かった。そこで子育てや孫育て中のスタッフや、独自調査で集めた意見を取り入れた防災ボックスを企画した」と経緯を話す。

 販売する防災ボックスは3,000円コース、6,000円コース、9,000円コースの3種類。3,000円コースは「非常食お味見」で湯を入れて食べるごはん4種類とおにぎり2種類、使い捨て食器、紙タオルのセット。6,000円コースと9,000円コースには非常食のほか、手にはめて使う歯磨きシートや手袋式で水不要のシャンプーなどもセットで付ける。

 水は「自分でも購入できる」という声もあり同梱(どうこん)しないのが特徴。ボックスは本棚に並べられるようなデザインにし、非常食は子どもでも衛生的に食べやすい「おにぎり」も入れるなど、「ママ視点」を意識した内容になっている。

 西谷さんは「出産祝いや両親への贈り物としてもお薦めできる。本商品をきっかけに家庭の防災対策の意識が高まればうれしい」と話す。

 購入は、電話か同社ホームページで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加