食べる 買う

山形出身・工藤あやのさんの新曲基に和菓子 デビュー時からの縁続き

工藤あやのさんの新曲「大阪花吹雪」をモチーフにした「華もなか a.ya.no」

工藤あやのさんの新曲「大阪花吹雪」をモチーフにした「華もなか a.ya.no」

  •  
  •  

和菓子店「松風屋」(山形市七日町4、TEL 023-631-3012)は11月19日から、山形出身の演歌歌手・工藤あやのさんの新曲をモチーフにした和菓子「華もなか a.ya.no」を販売する。

「松風屋」の店内に飾られた工藤あやのさんの写真やサイン

 工藤さんは母親の影響で幼い頃から民謡を始め、2010(平成22)年に出場した新人歌手発掘オーディション「弦哲也・北区(きた)の演歌座2010」で大賞を受賞。2014(平成26)年に「さくらんぼ 恋しんぼ」でデビューした。2018(平成30)年からは、同じく東北出身の津吹みゆさん、羽山みずきさんとの歌謡ユニット「みちのく娘!」としても活動している。

[広告]

 11月6日に発売した新曲「大阪花吹雪」(作詞=二宮康さん、作曲=弦哲也さん、発売元=徳間ジャパンコミュニケーションズ)は、大阪を舞台にした恋物語を描いた「ご当地ソング」。11月18日付けのオリコン週間演歌・歌謡シングルランキングでは自身最高となる2位にランクインした。

 和菓子店「松風屋」は工藤さんのデビュー時から応援を続けており、2015(平成27)年に発売されたセカンドシングル「花咲く丘」をリリースした際にも楽曲や工藤さんをモチーフにした菓子を作った。松風屋の齊藤友資専務は「山形に帰ってきたときには短い時間でも立ち寄ってくれる。工藤さんのファンの方も、来店してくださってうれしい」と話す。

 「華もなか a.ya.no」は新曲の発売日に関係者向けに配られた菓子の一つ。齊藤専務は「当店の職人が歌詞からイメージして作った、白あんと塩漬けの桜を使ったもなか。白あんをスポットライト、桜を工藤さんに見立て、彼女が舞台で歌っている様子も表現した。彼女の今後のさらなる活躍への祈りも込めた」と説明する。

 同商品について工藤さんは「デビュー時から応援していただいている松風屋さんと、コラボレーションできてとてもうれしい。甘じょっぱく、まさに恋のような味で楽曲のイメージそのもの。見た目もかわいらしい。ぜひ、たくさんの方に食べていただきたい」と呼び掛ける。

 「華もなかa.ya.no」は1個270円。11月19日~24日に行われる同店の創業祭から販売をスタートする。

  • はてなブックマークに追加