食べる

山形市に「韓丼」が県内初出店 京都発のカルビ丼とスンドゥブ専門店

「韓丼」の「カルビ丼ミニとスン豆腐セット」(990円)

「韓丼」の「カルビ丼ミニとスン豆腐セット」(990円)

  •  
  •  

 「カルビ丼とスン豆腐専門店 韓丼 山形あかねヶ丘店」(山形市あかねヶ丘2、TEL 023-665-1212?)が11月13日、オープンする。

「カルビ丼とスン豆腐専門店 韓丼 山形あかねヶ丘店」の外観

 韓丼は京都を中心に焼き肉店などを展開する「やる気」(京都市)が運営し、全国に約40店舗を展開している。山形あかねヶ丘店は山形県初出店となり、山形市で「かつや」、「南四番町食堂」などを展開する「ナック」(山形市春日町)がフランチャイジーとして手掛ける。

[広告]

 ナックの鍋倉淳社長は「今年1月から山形市売上増進支援センター『Y-biz(ワイビズ)』に相談をしてきた中で、これまでに培ってきた当社のノウハウを生かし、山形にこれまでにないブランドを自ら開拓し、山形の方に紹介していきたいと考えた。韓丼を知り、山形のニーズに合うと思い出店を決めた」と話す。

 店舗面積は40坪。席数はカウンターとテーブル席合わせて48席。メニューは、「カルビ丼」(並、550円)、「スン豆腐」(単品、650円)、「ユッケジャンクッパ」(650円)、「石焼ピビンバ」(750円)など。注文を受けた後、焼き台のあるオープンキッチンで肉を焼き提供する。オープン後、1カ月程度はイートインのみで、徐々にテークアウトにも対応する。

 鍋倉社長は「普段使いできる価格帯の店。元気の良い従業員も集まったので、仕事などで疲れているときでも、来ると元気になれるような店にしていきたい」と話す。

 営業時間は11時~23時30分。

  • はてなブックマークに追加