食べる

酒田の屋台村で期間限定ムール貝専門店 ミシュラン2つ星シェフ提供レシピも

ミシュラン2つ星を3年連続受賞した「四川飯店」のシェフ菅谷勇喜さんが考案した「ムール貝とキノコの唐辛子炒め」

ミシュラン2つ星を3年連続受賞した「四川飯店」のシェフ菅谷勇喜さんが考案した「ムール貝とキノコの唐辛子炒め」

  •  

酒田市にある「北前横丁屋台村」(酒田市中町2)の3坪のチャレンジ屋台店舗で10月19日から、2週間の期間限定でムール貝専門店「UMAIDE」の営業が始まった。運営はチアーズ(酒田市)。

期間限定ムール貝専門店「UMAIDE」の店内

近年のインバウンド客の増加に伴い、ムール貝の消費拡大を期待しての営業。提供するムール貝はチリ産。

[広告]

メニューの一つ「ムール貝とキノコの唐辛子炒め」(1,500円)は、ミシュラン2つ星を3年連続受賞した「四川飯店」のシェフ菅谷勇喜さんが考案したもの。ほかに「冷製ムール貝のフレッシュレモン添え」(1,000円)や地酒を使った「ムール貝の上喜元蒸し」(1,200円)などを提供。500円増しでムール貝料理を食事した後にリゾットにして出す。

 飲み物は地酒にこだわり、初孫「本醸造 伝承生もと」、上喜元「翁」、楯野川「純米大吟醸 清流」などを提供する。

営業時間は17時~23時。11月2日まで。席数は8席。