天気予報

25

16

みん経トピックス

でん六、節分の鬼発表東北芸工大で写真展

山形駅前に「そば」と「日本酒」メーンの店「続 おそばに」 前店主の遺志を受け継ぎ開店

山形駅前に「そば」と「日本酒」メーンの店「続 おそばに」 前店主の遺志を受け継ぎ開店

冷たい肉そば

写真を拡大 地図を拡大

JR山形駅前に「そば」と「日本酒」メーンの飲食店「続 おそばに」(山形市幸町5)がオープンして1カ月がたった。

店長の吉田昌平さん

これまで、「おそばに」の名で和そば専門店として営業していた同店。席数は、テーブル席16席、小上がり8席、座敷16席。

前店主は昨年11月、病気で亡くなってしまったが、多くの友人から店を続けてほしいとの声が上がり、公私共に親交のあった現店主の熊谷晃一さんが前店主の遺志を継ぎ、店を継続する事に決めた。店名は「続」の文字を付け、「続 おそばに」としてオープンした。

熊谷さんの本業は、保険代理店。そば店の経営は初めてという。店は店長の吉田昌平さんと二人三脚で切り盛りする。吉田さんは実家のそば店を手伝っていたが、ちょうど自分の店を持ちたいと考えていた事もあり、快諾したという。

そばメニューは6種類、お薦めは、「冷たい肉そば」(650円)、もりそばと天ぷらがセットになった「おそばにスペシャル」(780円)。「おそばに御膳」「極上そば」がセットになった飲み放題宴会プラン(3,980円~)も用意する。このほか、日本酒も豊富に取りそろえ、県内でもなかなか手に入らないという酒もあるという。

熊谷さんは「今、私がそば店をできているのは、前店主が築いてくれた土台があるから。前店主に恥ずかしくないような店にしていきたい」と意気込む。

営業時間は、昼=11時~14時30分、夜=18時~22時(水曜・日曜・祝日は昼営業のみ)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング