学ぶ・知る

山形・閉店した老舗店の歴史たどる 書籍「さよならデパート」

「さよならデパート」著者の渡辺大輔さん

「さよならデパート」著者の渡辺大輔さん

  • 3

  •  

 山形市内で飲食店経営や食品販売を手がける「傑作屋」代表の渡辺大輔さんが4月27日、書籍「さよならデパート」(スコップ出版)を刊行した。

書籍「さよならデパート」

[広告]

 2020年1月に破産した老舗デパート「大沼」を中心に、山形市中心市街地の百貨店やスーパーの歴史をたどる同書籍。渡辺さんはこれまで、山形初のキャバレー「ソシュウ」の物語をまとめた「キャバレーに花束を」、山形市小姓町の遊郭で起こった放火事件を題材にしたミステリー小説「この街は彼が燃やした」を執筆している。

 渡辺さんは「私の会社もかつて大沼の取引先の一つだった。当時は大沼について詳しく知らなかったが、報道などで320年の歴史があることを改めて知り、調べていくうちに愛着が生まれていった。破産という終わり方ばかりが注目されてしまうが、また違った視点を得ていただけたら」と話す。

 大沼の元社員、ライバル店の関係者や近隣住民などへの取材を重ねたという。大沼だけでなく、「山形松坂屋」「みつます」「十字屋山形店」「山形ビブレ」などにも触れ、山形の商業史を振り返る内容となっている。

 渡辺さんは「大沼のストーリーは、仲間だった店がライバルになっていくなど、フィクションよりも波瀾(はらん)万丈だと思う。中心市街地の歴史というと堅苦しく感じるかもしれないが、まずはドラマチックな読み物として接していただきたい」と話す。

 「この本が、自分たちの街に愛着を持つきっかけになればうれしい。出版したことで、大沼や中心市街地について、新たな情報も寄せられている。いろいろな方の思い入れをお聞きして、まとめていければ」とも。

 B6判304ページ。価格は1,980円。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース