山形・白山に県内6店舗目の「スタバ」 市南部へは初出店

12月8日にオープンしたスターバックスコーヒー山形白山店

12月8日にオープンしたスターバックスコーヒー山形白山店

  •  

 大手コーヒーチェーン店「スタバックスコーヒー」が12月8日、山形市白山にオープンした。山形県内では2010年の山形エスパル店の初出店以来6店舗目となる。

店舗中央に配置された10人掛けのコミュ二ティーテーブル

 これまで同市内への出店は駅を中心とした北側のみで、南部への出店は同店が初となる。同社広報担当の田中有紀さんは「これまで遠方から足を運んでいただいていたので、利用しやすい場所への出店が実現できた」と話す。

[広告]

 周辺は大型ショッピングモールや飲食店が集まる交通量の多いエリア。駐車場は28台収容でき、ドライブスルーのサービスも展開する。 

 店舗面積は138.8平方メートル。席数は蔵王連峰が一望できるテラス席14席を含めて全43席。店内中央にはコンセントを備え付けた10人掛けのコミュニティーテーブルを配置し、登録無料のWi-Fiを完備。屋外の植栽の一部には、山形特産のサクランボの木がシンボルツリーとして植えられている。

 12月1日からは、温かいリンゴジュースにブラックティーとルイボスティーの2種類の紅茶を組み合わせた「ホットアップル」(トールサイズ=496円)を期間限定で販売している(なくなり次第終了)。

 営業時間は7時~24時。全席禁煙。