天気予報

28

20

みん経トピックス

山形でニット作家企画展雪の山形でレモン栽培

FISスキージャンプワールドカップレディース蔵王大会 高梨選手に注目

FISスキージャンプワールドカップレディース蔵王大会 高梨選手に注目

会場となるクラレ蔵王シャンツェ

写真を拡大 地図を拡大

クラレ蔵王シャンツェで1月22日・23日、「FISスキージャンプワールドカップレディース2016蔵王大会」が開催される。

昨年の大会の様子

女子スキージャンプワールドカップは、スキージャンプ競技の中で世界最高峰の大会、国内はもとより世界が注目する。国内では1月16日・17日に第4・5戦が札幌市宮の森で行われた。注目は、2季ぶりの個人総合優勝を目指す高梨沙羅選手(クラレ)。高梨選手はここまで第1戦(ノルウエ―・リレハンメル)優勝、第2戦(ロシア・ニジニタギル)2位、第3戦(ロシア・ニジニタギル)優勝、第4・5戦(札幌市宮の森)優勝と今期5戦で4勝と、タイトル奪回に向け順調な滑り出しだ。高梨選手以外の日本人選手にとっても、国内でのワールドカップは活躍の場を広げる重要な大会になる。

国際蔵王ジャンプ大会実行委員の二瓶裕治さんは「世界の女子トップジャンパーの華麗でスピード感あふれる大飛翔をぜひ会場で見て、選手に大きな声援を送っていただきたい。今回はナイター開催のため寒さ対策を十分に行って観戦に来てほしい」と話す。

 大会は、22日=試技16時から、競技開始17時、23日=試技15時30から、競技開始16時45分。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング